街ですれ違う人の背景を推測してみる

内容とは?

街中ですれ違う人がどんな人かをかを考えながらその人を観察する事は視覚系脳番地のトレーニングになります。
積極的に相手の特徴をつかもうという努力こそが視覚系脳番地を鍛えることに繋がります。

顔の情報のマッチングは「見た情報を分析する」「誰かの顔を思い出して照合する」
という2つの作業を同時に行います。
これは非常に高度な情報処理なのです。

(出典:脳の強化書 加藤俊徳著 あさ出版)

生かし方とは?

その人の人生は顔に表れます。
ですから通りすがりの人の顔を見ながらその背景を推測する事は
多くの情報を瞬時に処理するために良いトレーニングになります。
そして推測するにはより多くの情報を入手する必要がありますので瞬時に多くの情報を察知して
過去のデータとぶつけて判断します。

より効果を出すために「有名人や知り合いはいないか?」という目で観察してもいいかもしれません。

ようは楽しんでトレーニングしましょう!