視覚系脳番地

内容とは?

視覚系脳番地は「見る、動きを捉える、目利きをする」脳番地です。
左脳の視覚系脳番地は主に文字を読むのに役立ちます。
一方右脳系脳番地は画像や映像を見るときに使われる非言語系の脳番地です。
言語系人間と視覚系人間とに分類されてその比率は7:3です。
ちなみに学校の成績が良いのはほとんどが言語系人間です。

視覚系脳番地は何かを見る番地、動きを捉える番地そして目利きをする番地に分かれます。
その中でも目利きについては善し悪しの判断をする事、違いがわかることは似て非なる物ですので
目利きが出来る様になるには、時間がかかるのです。

(出典:脳の強化書 加藤俊徳著 あさ出版)

生かし方とは?

視覚系脳番地は視覚で一瞬で全体を把握する能力です。
聴覚系が話すスピードで物を考えるのに対して、視覚系は一瞬で全体を捉えます。
我々は文書の文化で生活していますので、視覚系脳番地は普段の生活で自然に鍛えられています。
ここでは言語系と非言語系の2つのタイプがあります。
また分野とすれば見る、動きを捉えるそして目利きをする
3つがあります。
それらをどのように鍛えるかをこれから学んで生きます。
お楽しみに!