相づちのバリエーションを増やす

内容とは?

聴き上手になるには「相づち」は大事です。
相手が「聞いてもらっている」「理解してもらえている」
と感じて頂ける事で関係性が向上するからです。
そのために相づちのバラエテイーを増やしましょう。
相づちを打つにも技術が必要です。
そして相づちをどのようにして打つかを意識していることで
聴覚系脳番地を鍛えることが出来るのです。

(出典:脳の強化書 加藤俊徳著 あさ出版)

生かし方とは?

脳を鍛えるには「人の役に立つ」事が大事です。
聴覚系脳番地では「相手に喜んでもらう」事は「相づちを打つこと」です。
相づちを打ってもらえると話す方は力が入って話に乗って話す事が出来ます。
相づちを研究して聴覚系脳番地を鍛えましょう!