都市の中における二眼レフ構造

内容とは?

発展する都市は必ず二眼レフ構造を持っています。
百貨店が顧客の集積地であった時代には二つのデパートがある都市が栄えました。
例えば福岡では博多と福岡が一緒になって福岡市になりました。
東京では新宿や池袋は二つの百貨店がありましたが、渋谷は東急百貨店しかありませんでしたので
なんと東急百貨店が西部百貨店を誘致することで発展を目指したのです。

(出典:ランチェスター法則入門 田岡信夫著 ビジネス社)

生かし方とは?

発展させるには二眼レフ構造が決め手になりますので、
二眼レフ構造を作る事を模索すれば良いのです。

例えばある地域で絶対的に強い得意先が出来たら、
その地区に同じような強い得意先をもう一件作れば、
その地域が二眼レフ構造になり占拠率は簡単に上げられます。

このように地域戦略では二眼レフ構造を作る事で占拠率を上げるようにすれば良いのです。