商圏を拡大する二眼レフ構造

内容とは?

商圏を考える場合いわゆる「二眼レフ構造」は無視できません。
カメラの二眼レフのように2つの都市で合成されているところはそれだけ大きな商圏ができる条件が備わるわけで
このことは商圏を決めるうえで、非常に重要な要素になっています。

たとえば東京都横浜、大阪と神戸、北九州と博多のように大きな商圏に発展したところは全部二眼レフになっているといってもいいのです。

例外は名古屋であり都市学者の中では名古屋消滅論を唱える人もいるほどです。

(出典:ランチェスター法則入門 田岡信夫著 ビジネス社)

生かし方とは?

二眼レフの構造が30キロ館内にあれば通勤圏であり10キロ館内にある場合は完全な買い回り圏、そして
2キロ圏にある場合は最寄り圏です。

つまり各県で商売する場合は都市の構成からそれに合った商売を考えることが大事です。
そうすれば成功の確率が高まるでしょう!