人口移動の法則性

内容とは?

人口が商圏を分ける決定的な指標であるならば
人口予測は今後伸びる地域を予測する上ではかなり重要です。
そこで今回は人口集中の法則をご説明します。
ポイントは以下の2つです。

1,人口は地価の低きに流れる:地価地図(土地の値段をマップ化したもの)が重要な人口予測資料になっています。
2,人口はレジャー地域に向かって移動する

これはスタンフォード大学の研究成果です。
この研究ではレジャー地域が成立する条件として6つの仮説を提唱しています。
①石油コンビナートがないこと
②雨量が少ないこと
③軍事基地がないこと
④大型トラック輸送が可能であること
⑤湿地帯でないこと
⑥30キロ圏内に居住者の人口世帯があること

(出典:ランチェスター法則入門 田岡信夫著 ビジネス社)

生かし方とは?

人が集まらないとレジャー地域の条件は満たせませんし、
逆に人が集まると地価が高くなるという二律背反性を持っています。

地価が高い上に土地が狭い日本ではレジャー地域は土よりも水に傾斜します。
海岸線や湖や川が有利な条件になるでしょう。

6つの条件を考慮しながらレジャー地域を模索しましょう!