採算向上の原則で心がけるべきことがなんですか?

質問の内容と背景


採算向上の原則はアメーバ経営を活用することで「時間採算をあげる」事で採算意識を高めます。
採算意識を高めることが社員の意識変革では大事なのですが、それはどのようにすれば高められるかが
ここでの問題です。

採算意識を高めるにはどうすれば良いか?

採算意識が高まれば何が良いか?

採算は「売上-経費=利益」において売上最大、経費最少を目指す意識です。
この意識が高まれば会社の採算性が良くなりますし、社員一人一人が自らの給与以上の採算性を上げる事を
目指してくれるようになりますので採算が上げやすい会社に変換出来ます。
会社の利益構造が変り利益体質になれることがここでのメリットです。

どうすれば採算意識を高められるか?

大事な事は日々の仕事で採算目標を立てながら測定可能な会計制度を活用しながら
楽しんで試行錯誤しながら目標達成を目指させることです。
日々の仕事が採算を上げる事に意識を集中させることが何よりも大事です。
採算を上げる事に貢献意識を持ちながら楽しんで仕事が出来ることが大事です。

展開内容

採算意識を高めることで会社の利益構造が変ることを知り「これをやるしかない」
となりました。そこで問題です。
採算意識を高められるには何が大事ですか?

A:採算意識が人事評価の重要項目にする事で皆が目指すようになる

B:日々工夫して採算向上が目標管理出来る会計関係を作る事が大事。















答え
















答えはBです。
人事制度は外発的動機付けですので
内発的動機付けであるAでの会計環境が大事です。
人は正しいことに動機づけられる様になっています。
自然に経営者がとって欲しい行動をとりたくなる環境を作る事が求められます。

今日から出来る実践

貴社の会計制度を見直して採算意識を持ちたくなるかどうかを検証しましょう

今日の実践は会計制度の見直しです。
貴社の会計制度を見直してみて各人が採算意識を持ちながら創意工夫して楽しみながら日々の業務を行えているかを
確かめてみましょう。そして改善の方向性を検討しましょう。


「実務」の人気ランキング