ダブルチェックの原則の活用例を教えてください

質問の内容と背景


これは経理があまり得意ではない経営者からの質問です。
ダブルチェックの原則が、不正予防に有効だと聞いて例を知りたいと質問されました。
これは内部統制上有効な原則ですのでしっかりと把握してください。

ダブルチェックの法則の活用例とは?

ダブルチェックの法則の意義とは?

この法則はあらゆる伝票処理や入金処理を複数の人間で行うというのもです。
お金を扱う場合には、扱う人と伝票処理をする人が同じだと不正が行われやすいので
基本はお金を扱う人と伝票処理をする人を分けて勝手に改ざんが出来ないようにします。

例とは?

この法則の要点は日々の業務のチェックシステムの構築にあります。
具体的には以下のケースがあります。

1,入出金の管理:入出金をする人と、入出金伝票を起こす人を分ける。
2,経費支払い:支払いをする人と伝票を起こす人は分ける
3,小口現金:現金出納者以外の人が業務時間内に適当な頻度で現金残高と伝票をチェックする。
4,印鑑管理:印鑑箱は二重にして内箱の鍵の管理者と外箱の鍵の管理者を分ける。
5金庫管理:2つの鍵を用意して必ず別々の施錠者が解錠する。

展開内容

ダブルチェックの法則の例を聞きながら、不正の可能性を潰せば良いという事を
気づかれて早速自社のシステムを見直して導入しようとなりました。
そこで問題です。
そのほかに注意することにはどのような事があるでしょうか?

A:もし不正をしても突き止められるように記録が残るトレーサビリテイー(追跡可能性)が必要。

B:お金を扱わせる人は信用のおける人であることが大事です。誰にさせるかが最重要です。















答え















答えはAです。
仕組みを作る場合は普通の人で出来るものでなければいけません。
そして大事な事は追跡可能性です。
これがしっかりしていたら知能犯も悪いことが出来ません。
仕組みで牽制することが重要です。


「実務」の人気ランキング