生産において調整が必要とされる意義は何ですか?

質問の内容と背景


生産の価値創造において調整機能を上げたところ「意味がわからない」
と質問を受けました。生産は商品の価値作りの効率性の獲得が価値創造ですが、
その中での調整の意義と内容をここではお伝えします。

調整の何が価値創造に当たるのか?

調整の意義とは?

生産における調整はサプライチェーンを同期化させる機能です。
生産は工程に分かれてそれぞれの作業を行いますが、工程間での作業時間が異なると
流れが滞りボトルネックが生じてボトルネックの生産スピードに規定されてしまいます。
そうしますといくら他の工程が頑張っても意味が無くボトルネックの生産スピードが
全体の生産スピードになってしまいます。
調整は全ての工程の生産スピードを均等にするための働きをしめし、生産効率を上げることです。

ボトルネックを知るにはどうすれば良いですか?

ボトルネックではその工程の作業時間が他の工程よりも長いために
その工程の手前に在庫が積み上がります。
それを発見したら工程のピッチタイムを測定してそれを他の工程と平準化するために
改善活動を行います。
それが見えるか出来る様に各工程の在庫がいくつあるかがわかる状態を作り
工程間のバランスを目で見てわかる状態を作る事が大事です。

展開内容

ボトルネックの悪影響をお伝えしたところよくわかって頂けました。
そこで問題です。
ボトルネックを解消するにはどうしたらよいですか?

A:作業員数を増やす

B:ムダな作業や効率を下げている要因を夢生出して改善する















答え











答えはBです。
Aがてっ取りばやい様に思いますが、
人を投入しても育成が必要ですぐには戦力にならず返って足を引っ張ります。
そうではなくてコストをかけずに工程作業を分析して改善行動を行います。

今日から出来る実践

ボトルネックを探してみましょう

今日の実践はボトルネックを探す実践です。
普段からなんとなく「あそこの工程が滞るよね」
と思っている工程があると思いますが今日は特に意識して工程間を観察して
どこがボトルネックかを探してみましょう。
意識して工程を観察しながら滞る原因を探ることで改善案が見えてきますので
今日はその第一歩としてボトルネックを探し出しましょう。


「実務」の人気ランキング