商品仕入れのあり方を教えてください

質問の内容と背景


商売では「利は元にあり」といわれます。
利益を出すには良い商品を安く仕入れる必要がありますが、そのための要諦を聞かれたのがこの問題です。
どうすれば売り上げに対応した最適の商品を仕入れることが出来るでしょうか?

仕入れのあり方とは?

利は元にありとは?

このことわざは船場商人が使っていた格言です。
会社が利益を上げるには仕入れこそ大事だというのです。
有名な他店舗展開をしている寿司屋さんの社長さんが「仕入れだけは人に任せるわけにはいかない」
とご自分で市場に行って目利きで商品を仕入れてくるのはまさにこれを示しています。

売価は競争があるので価格をなかなか上げることは出来ません。
それに対して仕入れは良い商品を仕入れる目利きと、安く仕入れる技術でいかようにも利益をより確保する事が可能ですので
仕入れが重視されるのです。

安く仕入れるにはどうするか?

まず仕入れには目利きが必要です。
理論値がわかりそこを起点にしてどこまで安く仕入れるかです。
大事な事は安く仕入れられて信頼や尊敬が得られなければいけません。
そのために商品の事をよく知っておりどこまでやすく出来るかの理屈がしっかりと組み立てられなければいけません。

さらに相見積もりを行ったり、要求機能や価値に対して適切な商品を選定できることが大事です。
それらの立体的で適切な知識や能力があることが大事です。

展開内容

買いたたいてそれでも尊敬されるという言葉に反応されました。
そのような事はなぜ言えるのですか?

A:売り先はやすくされればそれなった原価で作らなければいけないので業務改善が進むから

B:買いたたいている側が理屈をわかった上で売り手の事も考えた上で厳しい注文をつけていることがわかるから















答え











答えはBです。自分の事ばかりを考えている人は尊敬されません。
相手のことまで考えているから信頼もされ尊敬もされるのです。

今日から出来る実践

仕入れに際して仕入れられる最低価格の理論値を考えてみましょう

今日の実践は仕入れ価格の最低価格を計算する理論値を考えてみましょう。
想定される制作コストと会社が載せるべき利益を項目だしと単価×数量で示して
それぞれがどこまで下げられるかを一定の考え方でまとめて理論値を出してみましょう。


「実務」の人気ランキング