ブランデイングをすることで売り上げを拡販するにはどうしたらよいですか?

質問の内容と背景


この質問はブランデイングを伴う拡販をするにはどうしたらよいかを問われた質問です。
ここではブランデイングに関する理解を深めてそれによる拡販の仕方をお伝えします。

ブランデイングで拡販するにはどうするか?

ブランデイングの効果とは?

ブランデイングは対象物に対する信用力が作り出す価値を作る事です。

何でも対象物はそれに関係する人はそれに対するイメージを持ちますが、
それがイメージ通りかそれ以上の価値を感じさせる信用を形成出来る事でブランドが形成されます。

ブランドが形成されれば、顧客はそれに対する信頼を置きますので価値が上がりそれを持つことで
心が豊かになりますし、それを見た他の人がそれを持っている人に羨望の目でみたりそれを持っている人の評価を高めます。
つまり自分の心と関係者の心に影響を与えられますので効果が高いわけです。

ブランドを作るには?

ブランドは自他共にそれによる心の高揚感を与えられるもので無ければいけませんので
潜在意識に働きかけられるものでなければいけません。
ですからブランドを作るには自他両方の視点で対応しなければいけません。

1,自分に対して:自分に対しては自らの意識の99%が潜在意識ですし潜在意識は本当の自分を知っています。
ですから潜在意識が納得するイメージを見いだす必要があります。もしそれを見いだせなければ自分が心から納得することが
出来ないからです。

そこで私はミッションリーデイングによりその人の人生を全て「このために自分は生まれてきて全てそれを満たすための経験だった」
と思われるミッションを明確にしてその延長線上でのブランドイメージを作り上げることで無意識を説得できるイメージを形成します。

2,他者に対して:ブランドイメージに対する信頼を形成する必要がありますので、顧客が自社に接する全ての接点で
ブランドイメージ通りの働きや相手の印象が形成されるかどうかを検証しながら他者の潜在意識がブランドイメージに合った印象を
形成されることを目指します。ですからどこから見ても同じ印象を得られる事を目指します。

3,知られた存在になること:ブランドは自分のみならず他人が評価してくれることを目指すわけですから、
知られた存在にならなければいけません。そのためには最低でもシェア10%をとる必要があります。
セグメントを絞り込み絞り込まれた領域での10%以上を目指す必要があります。

展開内容

潜在意識を意識しなければブランデイングはできないのですがなぜでしょうか?

A:行動は無意識なので無意識に働きかけられる統一感が必要

B:無意識は真実を知っているのでそれをえぐりだせなければ信頼は作れない















答え















答えはBです。
我々は自らの考えで生きているように思っていますがそうではありません。
潜在意識に支配されていわば「夢を見ている状態」で生きています。
ですからいつも「モヤモヤ感」に支配されているのです。
ということは自他共に潜在意識に働きかけられる状態を作る必要があります。

今日から出来る実践

潜在意識の目標を考えてみましょう

今日の実践は潜在意識の目標の推定です。
今日は何でも良いので潜在意識の目標を推定してみましょう。

何か一つ自分がやらなければいけないことを設定してください。
それに対してどのように行動するかが潜在意識の目標です。

もし寝ても覚めてもそれを追い求めておりいくら失敗しても諦めないのであれば
それをなんとしてもモノにしたいと思っています。

一方後回しにしたりどうも気乗りがしないのであれば「出来ればやりたくない」
と思っています。

行動は無意識ですので無意識の行動がどうかを見る事でその対象に対する潜在意識の目標を推定してみましょう!


「実務」の人気ランキング