仕事の意義を説く事はなぜ企業統治に効果的なのでしょうか?

質問の内容と背景


稲盛さんの企業統治の方法の中に「仕事の意義を説く」事があげられます。
そこでなぜそれが企業統治に必要なのかを問われた質問です。
仕事の意義を説いて納得して頂く事の効用を問われた質問です。

なぜ仕事の意義を説くと企業統治に繋がるか?

仕事の人生における位置づけとは?

仕事は人間が社会との接点を持てる機会であり、社会貢献できる素晴らしい時間を提供してくれます。
我々は社会貢献出来る事で生きる意義を見いだせて充実感を感じられるわけですから、
やっていただく仕事が如何に素晴らしく、如何に社会貢献できるかを伝える事で、社員は自らの存在意義を認識できて
生きている喜びを感じられるのです。従って仕事の意義を理解して仕事に取り組めることが自らを認めることになり
その場を与えてくれた会社に感謝できる事になり会社とのいい関係を形成できるのです。

仕事の意義を知る事で、どう企業統治につながれるか?

企業統治を行うには構成員である社員が、「この企業でよかった」
「この企業が自分に取ってかけがえのない生活の場である」
渡韓が得られる事です。
そのために素晴らしい仕事を与えられてその仕事を通じて社会貢献出来て自らの生きがいや存在価値を感じられることで
それを与えてくれた企業に対して感謝心を持ち「この会社を守ろう」「この会社をもり立てていこう」
となれるのです。

展開内容

仕事の意義を考える際に何を重視すればよいでしょうか?

A:貢献内容を知らせるために社会の困りごとの実態とそれがどのように解決されるかを具体的に伝える。

B:担当者の仕事は狭い範囲なのでその範囲での貢献内容を詳しく伝える。














答え















答えはBです。
大義名分は必要ですが、できれば一人一人の業務範囲で意義を詳しく説明する必要があります。

今日からできる実践

問題児に対して仕事の意義を詳しく説明して動機づけしてみましょう

今日の実践は仕事の意義を伝えて問題児に動機づけをする実践です。
ダメな人はいません。
仕事は社会貢献の素晴らしいチャンスですので、問題児の仕事での貢献内容をまとめて
本人が感動できるように伝える実践をしてみましょう。
すべては思い込みですので、悪い思い込みを取り除き仕事に向かえるように動機づけをしてみましょう!


「組織」の人気ランキング