ガラス張り経営の原則を行うのに注意すべき点を教えてください。

質問の内容と背景


ガラス張りの経営の原則は経営を大義名分が通る物にするには必須です。
ここではそのために何が大事かを問われました。
今回はガラス張りを具現化するために重要な項目をお伝えします。

ガラス張り経営の原則を具現化するために重要な項目とは?

ガラス張り経営の原則とは?

ガラス張り経営の原則とは徹底したディスクロージャーを行うことで経営の透明性を確保して
秘密を作らない経営です。
隠し事を作れない環境を作ることで「心にやましい事」は消えざるを得ません。
そのためにはガラス張りは全てが見えるようにする事で経営を透明に出来る素晴らしい原則です。
しかし出来れば自分だけがいい目を見たいという心を封じ込めるために、利得を得たい人にとっては厳しい仕組みです。
どの用にしてこの原則を徹底させるのでしょうか?

ガラス張りの経営を具現化させるのに大切なこととは?

ガラス張りの経営を具現化させるには、トップの決意が大事です。
トップが模範を示してやましい事をせず、自らを律する意味でもデイスクロージャーを徹底させることで
ガラス張りの経営が具現化可能になります。
全てはトップの意思の問題です。

展開内容

ガラス張りにするために何をオープンにしたら良いかが問題になりました。
まずは決算書だろうとなりましたがその際注意すべき事は何でしょうか?

A:勘定科目を細かくして内容がわかるように工夫する

B:宝の持ち腐れにならないように「決算書の読み方」を社員に教育する















答え











答えはBです。
残念ながら決算書が読める人は少ないのが実情です。
そのために自社の決算書を元にどのような視点で決算書を解釈するかを社員に教育してから
実際に開示をしましょう。

今日から出来る実践

決算書の読み方をレクチャーしましょう

今日の実践は決算書の読み方のレクチャーです。
自社の決算書をどう読むかをポイントを上げて説明方法を箇条書きにしてみましょう。
どう説明するかは経理の人に相談したり、経理の人にやって頂いてもいいでしょう。
大事な事はははじめの一歩を歩み出すことです。


「組織」の人気ランキング