組織を作り、円滑に運用するには、何に注意したら良いですか?

質問の内容と背景


中小企業の経営者で組織を作れない人が多くいます。
この質問はなぜ出来ないか?どうすれば出来るか?さらにどうすればうまく運営できるか?
といった組織の要諦を聞かれた問題です。

組織一般についてご説明します。

組織作りと運用の要諦とは?

なぜ作れないか?

多くの中小企業の経営者は組織作りが苦手です。
その理由の最大点は「自分でやる」意識が強くて「人にやって頂く」意識が少ないので
そのための発想の転換が出来ないからです。
それに加えて自ら良い組織を体験しておらず「ゴールイメージがわかない」からです。
もし自らの体験がなくとも強く求めておればなんとかなるのに、求めが少ないのでうまくいかないのです。

組織設計の要諦とは?

組織は共同体の構成員が共通目的を達成するために集まり
一人一人はたいした力は無いけれども、小さな力の結集で分業対を作り
協力と貢献により大きな力を発揮しようとするものです。
ですから分業体の設計が重要です。
必要な機能を分けてそれぞれ機能を発揮させるための役割を細かく分けてその集合体で
目的を達成できる体制を作ります。

ですからそれぞれの単位の目的・目標、やるべき仕事が明確になっており
割り当てられた人が自らの役割を認識して確実に役割を果たすことが求められます。

経営者が組織を作るわけですが、如何に仕事を細分化してそれぞれが目的・目標を測定可能な状態で作れる
とともにモレ無くダブり無く仕事が繋がって目的を達成出来る様に組織を設計することが大事です。

運用の要諦とは?

運用においては各ユニットのリーダーが重要です。
自らに課せられた責任を認識してメンバーに仕事を配分して確実に確認の役割を達成させるとともに
自らに課せられたユニットの目的・目標を足しさせることが重要です。

そのためには全責任を負う経営者が全てを俯瞰しながらリーダーを教育・管理出来る事が大事です。

そのためには理解のみならず自ら体験して管理・運用の要諦を把握することが大事です。

展開内容

組織を有効ならしめるには「分業体の設計」が重要だとなりました。
そこで問題です。
有効な分業体を設計するには何が重要でしょうか?

A:目的からそれを達成するために必要な機能、それを具現化する仕事を逆算的に作り、
各プロセスと相互関係を設計する

B:全てを思考で出来ればよいがなかなかそうも行かないのでまずはざっくりと分業体を設計して
運用しながら必要な機能や有るべきやり方を順次改善しながら作り上げて行く















答え















答えはBです。
思考で完全な組織が出来れば良いのですが、なかなかそうも行きませんので
まずはざっくりと設計して動かしながら有るべき形を模索してきましょう。

今日から出来る実践

組織の分業体としての有るべき像を各プロセス、それぞれの相互関係のあり方を図示して
検討しながら問題点を挙げて改善策を講じましょう

今日の実践は組織の見直しです。
現状の組織の実体を見直して各ユニットの目的・目標
やるべき仕事、リーダーとメンバーの関係性、
各ユニット間の相互関係、
各ユニットの目的を達成するための会議体やチェック機構の有効性などを見直して改善案を実行しましょう


「組織」の人気ランキング