戦略に関する注意点を教えてください

質問の内容と背景


戦略は経営では誰でもが至る場面で使う言葉ですが経営上は重要な意味を持っています。
ここでは戦略の意義をあらためて整理しようと考えて出された質問です。
戦略の如何で会社の業績は大幅に変り得ます。

戦略についてあらためて頭を整理して経営に活用してください。

戦略に関する注意点とは?

意義とは?

戦略は「成功への筋道」です。成功のために「これ以外はやらない」として選ばれた
行動の取捨選択基準です。
つまり企業は環境適応業ですが、環境適応のための方向性をど真ん中に定めてそれ以外はやらない
というのが戦略です。

ということは環境変化に鈍感になるということでもあり危険もはらんでいます。
そのことへの理解が大事です。

従って定期的に戦略変更が必要かどうか、微調整が必要かどうかが制度的に議論されなければいけません。

内容とは?

内容では集中すべき項目が挙げられます。
最も重要なのはドメインです。どの事業領域をとるかが戦略上最重要です。
次が顧客です。ドメインの社会的な問題を受けている対象の内のどの顧客像を対象とするかで
商品が決まります。そして商品が決まることで事業のあり方が決まりそれを支える各組織の機能が決まります。
つまり整理すると以下です。

・ドメイン(市場戦略)
・顧客戦略
・商品戦略
・事業戦略
・機能戦略です。

展開内容

戦略は実は諸刃の剣的な危うさをはらんでいる事がわかり環境との関係性を注意して観察する必要性を実感されました。
そこで問題です。
戦略の調整が必要なシグナルは何だと思いますか?

A:業績が下がりだした時

B:顧客からの感謝の声が少なくなったりクレームが入り出したとき















答え















答えはBです。
確かに業績が下がりだしたら考える必要がありますがその前に情報を察知すべきです。
それが顧客からの反応です。
ど真ん中を捉えておれば感謝の声がたくさん入りますがそれが慣れてきて少なくなり出したり
クレームが来たときは市場を再検討する必要があります。
特に競合がどのようなサービスを提供しており我が社がひけをとっていないか?
変えるべき事は無いか等を検討しましょう。

今日から出来る実践

戦略の適合性を調べてみましょう。

今日の実践は戦略の適合性の実践です。
有る戦略を選んでそれが適合しているかを調べてみましょう。
問題は顧客の困りごとの解決にジャストミートしているかどうかの検証です。
顧客の実態と競合の実体を調べてこのままで良いかを検証してみましょう。
そしてこの検証システムは定期的に検証される組織的な取り組みにしていきましょう!


「組織」の人気ランキング