目標の決め方はどのようにしたら良いでしょうか?

目標の内容と背景


目標管理をする際に目標はどのレベルに設定したら良いかが問われます。
今回はどのレベルで設定したら良いかを問われた問題です。
高すぎず低すぎずのレベルはどのようにして設定したら良いかをご説明します。

目標の正しい設定の仕方とは?

目標の意義とは?

目標は目的との関係で設定される達成すべきゴールです。
ここではまず目的が定められてその目的を達成するための目的・目標の連鎖として
小刻みに目標を設定して確実にクリアーしていくことで目的を達成します。

人間の脳は問題意識がなければ働かないようになっていますので目標を設定することは
脳を働かせるために必要です。よく何も考えていない人を批判する人がおられますが
そのひとは決して頭が悪いわけではなく興味が無かったり取り組む意思がないので
何も考えていないのです。

また目標は確実に達成されなければいけません。
それを意識して設定される必要があります。

正しい目標の水準とは?

正しい目標の水準を考える際にはフロー理論が参考にあります。
フロー理論は「乗っている状態」であるフロー状態の分布図を元に
フローになる状態の目標が正しいと言えます。
フローはある人の能力からして一定水準以下であれば退屈になりますし、
逆に一定水準以上になると恐れを感じます。その退屈と恐れを感じない領域がフロー状態ですので
その領域に入る水準が目標の理想的なあり方です。

理想水準を作るには?

フロー状態を作るには差異化と統合化が必要だとされています。
差異化は自分の能力が必ず少しは高まっている感覚を持てることであり
統合化は関わっている人たちが協力し合って全体の目的に貢献していると感じられる事です。

成長と貢献がフローをもたらしますので、そう思えるように仕事を与える必要があります。

展開内容

フローになるには差異化と統合化が必要だとわかって仕事の与え方のヒントが得られました。
そこで問題です。差異化を感じさせるにはどうしたらよいですか?

A:知識、感覚、感情、意識など自らの感じ方を意識させながら冷静に自分の変化を意識させる

B:面白さを味併せて夢中になって取り組める方法を見いだす。















答え















答えはBです。
小手先の手段ではなかなかフローを感じて頂けません。
対象に没頭して時間を忘れるようになった時がフローですので
時間を忘れるように導きましょう!

今日から出来る実践

仕事の面白さを考えて誰か一人をその気にさせましょう

今日の実践は仕事の面白さを伝える実践です。
誰か一人を選んで彼(彼女)に与えている仕事の面白さを伝えて共感を得ましょう。
そして時間をわすれて没頭できるように導いてみましょう。


「組織」の人気ランキング