意思決定を確実に行えるようにするにはどうしたらよいでしょうか?

質問の趣旨と内容


意思決定のあり方で会社はどうとでもなります。
経営者の仕事は意思決定だとも言われるほどです。
ここではその大事な意思決定を正しく行うにはどのようにしたら良いかを問われた問題です。

意思決定を確実に行うには?

正しい意志決定とは?

意思決定には「正しい意思決定」があります。
それは考えられる関係者全てに対してウィン・ウィンになる意思決定です。
全体最適がはかれる意思決定とも言えるでしょう。
そこには一切のエゴの要素は含まず正義死んで行われるものであって、全てが調整される形が正しいのです。

どうすればそうなれるか?

正しさは正義、自由、善、愛、成果、創造、能力、誠実、楽しさ、力、平和
等を全て兼ね備えているものです。

ここに正義と自由以外はエニアグラムの各番号が示すゴールイメージです。

考えられる関係者を洗い出してその人達全てがどうすれば正義に基づき自由を得られるかを
考えながら少しのエゴも許されずに調整されるポイントを目指すのです。

思惑や少しの利得を考えてもいけません。
正当な利益は当然必要ですが、開示した場合何を言われても反論できて誰に対してもやましさを感じない点を目指しましょう!

展開内容

意思決定は全体最適が必要だと知り今のままでそうなれるかを検討されました。
どうすれば良いかが問題です。

A:フィロソフィーが適切に運用されるように研修を徹底すれば良い

B:研修だけでは独りよがりを直せないので、「真心に聞いて心が落ち着くかを確かめる」
方法を併用する















答え















答えはBです。
残念ながら我々の意識は通常はエゴ支配です。
ですから無意識に自分に有利な方を選んでしまいます。
それではいけません。
正しい判断は自分の真心に聞いて心が落ち着いたら正しいのです。

つまり正しい判断は「心が静寂」な時にしか出来ませんのでそれを獲得するための訓練を、
日々行いたいものです。

今日から出来る実践

何かを決める際に真心に聞いて心が落ち着く感覚を体験しましょう!

今日の実践は真心に聞く実践です。
この方法は中村天風さんの方法です。
氏曰く「何が正しいかは真心が知っている。
自分が選びたい内容を心に重いながらそれで良いかを真心に聞きなさい。
もし正しければ心が安らかになりますがもし少しでもざわざわすれば誤りです。
心の安らぎが出来るまで考えを巡らせて」正しい意志決定に到達しましょう!


「組織」の人気ランキング