組織に必要な機能と役職者との関係を教えてください

質問の内容と背景


この質問は組織作りに悩まれている経営者からの質問です。
組織を整備・運用するに際し、すべての青写真は経営者が作るにしても
実際の構築作業や運用はそれぞれの階層の役職者に任せるべきだと考えておられますが、
どのように分けたら良いかがわからないことから出た質問です。

組織機能と役職者の関係について

組織の考え方について

組織は普通の能力の社員が大きな成果を上げられるようにするために
分業により一人の守備範囲を狭くして狭い分野の繰り返し仕事で成長を早めて
自信を持って仕事に取り組めるようにする事が求められます。
また各ユニットが明確な目的・目標を持って他部署や顧客への貢献を実感できる仕事を構築出来ることが求められます。

仕事のやりがいを持てるかどうかが組織を作る際には重要なテーマです。

役職者と役割について

組織で管理しなければいけない分野は以下の3つです。
1,実務(営業、開発、生産、アドミに関する価値創造とリスクヘッジ)
2,組織(理念、ビジョン、フィロソフィー、ルール)
3,事業(各機能か各事業)

これらに対して実務の責任者が課長、組織の責任者が部長そして事業の責任者が役員として役割分担されます。

各役職者は何が出来なければいけないか?

課長は実務の責任者ですので実際に自分で実務が出来て、
新人から一人前の実務者を育成できる事が求められます。

部長は組織を運用するために課長を使って理念、ビジョン、フィロソフィー
に基づき部門間、会社間、上下間、部門内の問題解決をします。

役員は各機能の経営、各事業の経営を司ります。

このようにそれぞれの役割が異なり役割分担を明確に定めてそれぞれ任された責任を全うすることが求められます。

展開内容

その会社では役職者と役割が明確に分かれていませんでしたので
この考え方を取り入れながら役職者の責任・権限を定めようとなりました。
そこで問題です。
今まで定めていなかったところにルールを作るとすると明らかに出来ない管理職が
数人出てきます。その人たちの処遇はどうすれば良いでしょうか?

A:あるべき論で定めるのはその人が定年になるまで待つべきなので、出来そうなところを狙っての制度設計にならざるを得ない

B:能力に規定されたらいつまでたっても前に進めないので、決めて教育しながらその状態を目指せば良い















答え















答えはAです。
せっかく決めても出来ないのであればルールが有名無実になりますので
出来るレベルで定めて実態を作っていく必要があります。
どうしても管理職に向いていない人を管理職にしてしまっていた場合は
理由をよく話して納得いただいて向いている職域に移っていただいたり
役職変更をしていただき事もやむを得ないと思います。

今日から出来る実践

役職ごとの責任権限を見直してみましょう

今日の実践は役職ごとの責任権限の見直しです。
現在の役職者の能力を考えながらどのように改訂したら良いかを考えましょう。
組織の構成員として認められるには給与に見合った働きによる貢献がなされていなければいけません。
各役職者がどのような貢献をするかを定めて誰が見てもちゃんと貢献していることがわかる運用を目指しましょう。

「なんちゃって」はいけませんよ!


「組織」の人気ランキング