社内の人間関係をよくするにはエニアグラムを活用したら良くなりますか?

質問の内容と背景


エニアグラムはうまく使えば人間関係をよくするには素晴らしいツールです。
今回は他社がうまく活用されており「エニアグラムはいいよ」といっておられるのを
聞いており自分もいつかは導入したいと考えておられた社長からの質問です。
何がどう良くて何に気をつけて導入したら良いかが今回の質問の趣旨です。

エニアグラムの活用を考える

何がどう良いか?

エニアグラムはいわば「性格診断ツール」です。
人間を9つのタイプに分けてその特徴を記述しています。
その正確さは他に類をみない優れものです。
第二の天性と言われるウイングも入れるとなんと18通りの性格診断になります。

本来人間は「自分の事はわからない」ようになっていますので、自分のタイプを知ることで
自分をよく知れるのが最大のメリットです。
次に各タイプの特徴をしてほしいこととしてほしくないことで理解できますので番号ごとの
取扱説明書が出来ます。すると人間関係が実にスムーズになります。
最後に健全性という概念で人を捉えますので人格の問題も能力の問題もすべて健全性が良いかどうかとの関連で見れますので
人に対して優しくなれますし、相手を認められるようになります。

何に気をつける必要があるか?

第一に番号の特定は慎重にする必要があります。
番号は一生変りません。「これだ」とわかったら他の番号はあり得ないぐらいしっくりきます。
しかしそう思えるまでは「なりたい自分」に左右されて「本当の自分」を見いだせない可能性があります。
ですから番号の特定には理解が深い人に相談して、確実に行いましょう。

第二にしっかりと勉強してみんなが深い理解のもとで行いましょう。
これは人間関係をよくするための必須のマナーとわきまえましょう。

第三にタイプを逃げのツールにはしないようにしましょう。
「どうせ自分は何番だからこれは苦手」という形です。
得手不得手勝手もやりようでいかようにでもなりますのでその点を理解してうまく活用しましょう。

第四にタイプを当てはめすぎて個性を忘れないようにしましょう。
誰にでも個性があります。いくらタイプで類似した性格であってもそれぞれ微妙に異なります。
その違いを認めましょう

展開内容

エニアグラムの説明をしたらまずは社長がしっかりと学ぼうとなりました。
そもそも自分とNO2との関係性で相手を理解できないためにムカついていたのをなんとかしたい
という事から導入を検討しだしたからです。
そこで問題です。
何がわかればムカつかなくなるでしょうか?

A:恐れと願望がわかる事で性格や行動がわかります。なぜそのような行動をとるかがわかればムカつかなくなる

B:ムカつくのは「自分の思い通りになってほしい」という無意識の期待があるのでそれと違うとムカつきます。
それぞれの違いを理解できればムカつかなくなります。















答え















答えはBです。
そもそもムカつくのは自分に期待がありそれ通りにならないからです。
ですから自分の心に向き合って期待があることがわかり相手は自分の期待はわかっていないし
相手はどうしたくてどうするかがわかれば冷静に接することが出来るようになります。

今日から出来る実践

無料診断で自分の番号を特定しましょう

今日の実践はエニアグラムの無料診断を行って自分の番号を特定する実践です。
これはなかなか特定できませんがいつか必ずしっくりくるときが来ます。
そうしますとその番号しか考えられなくなります。
今日はそれを見つける実践です。
該当する番号の記述を読んでしっくりくる番号に出会うまで試行錯誤をしてみましょう
これがわかったら自分がわかりますので人生楽になりますよ!


「組織」の人気ランキング