部長と役員の違いは何ですか?

質問の内容と背景


部長で役員の人もいれば役員では無い人もいます。
この違いは何でしょうか?
部長は社員待遇ですが役員は経営者待遇です。
法律的にはまるで違いますので、法的な側面と仕事的な側面で違いを整理してみたいと思います。

部長と役員の違いとは?

法的側面での違いについて

法的には部長は社員待遇で法律的なよりどころは労働契約によります。
法的に保護されている存在です。
端的な言い方をすれば会社に身柄を預けて時間が拘束されて会社の指示命令に従って
自らの労働を差し出し、社員としての身分と給与を保証されます。

一方役員は委任関係であり委任契約によります。
給与や身分は保障されず結果を出して初めて身分と給与が保証されます。
ですから原則的に給与はゼロです。身分の保障もありません。
自らの委任された役割を責任を持って果たす責任が生じます。

ですから法的にはまるで違うのです。

仕事における違いについて

仕事では部長は中間管理職で部門の責任者です。

「人に委ねて結果を出す」ことが仕事です。
ですから課長をうまく使いながら部門の結果責任を負います。
部門計画を立案して、PDCAサイクルを回して結果を出します。
その際実務の責任者である課長を使って課長に対する指示命令を出して
その結果を出すのです。ですから課長を育成で無ければいけませんし、
部門は考え方や目的に対立構造が起きがちな違いを統合する調整機能が求められます。

一方役員は「仕組みに委ねて結果を出す」のが仕事です。

仕組みのイメージは仕組みが目指している方向性に各担当者が動機付けされて
楽しみながら仕事が出来て結果が経営者が求めるものになることを目指します。
法的責任で述べたとおり結果責任を負いますので、「どうすればうまくいくか」を
わかっているか人を使って探し出せて、結果を出せるように導けることが要求されます。


展開内容

役員のは法的責任をお伝えしたら驚かれました。
「だれもが役員にしてあげる」と言えば喜んでもれえると思っていましたが
そうでもないのですね!と感激されました。
それでもなりたい人が多いのはなぜでしょうか?


A:誰でも自分が評価されたいので、評価されたら何とかしたいと思うのが人情だから

B:役員の責任の重さや真実を知らされていないので、軽く考えて偉くなれたと勘違いしているケースが多いので










答え











答えはBです。
そもそもおおくの社長が役員の法的な責任を理解していませんし、
周りで厳密な運用がなされていませんので、安請け負いをしているケースが多いのです。
責任が果たせなかったら給与なしが原則だと脅すと多くの人は下を向いてしまいます。
世の中には「なんちゃって役員」が多いのが実態です。

今日から出来る実践

取締役の責任を勉強しましょう

手軽なネット検索でよいので本日は「取締役の責任」を勉強してみましょう。
法律を知ると部長と役員はまるで違うことがわかると思います。
これは社員待遇の執行役員と役員待遇の取締役の違いはすごい違いだということがわかると思います。

私は新任役員が誕生したお客様には必ず取締役の責任をお話しして決意を固めて役員になっていただいております。

しっかりと理解したうえで役員の職責を果たさせましょう。


人気ランキング