フィロソフィーを共有するにはどうしたらよいでしょうか?

質問の内容と背景


フィロソフィーは経営者が責任を負えるためのツールであり
社員からすると責任の免罪符になる代物です。
ですから社員はこれを血肉化すれば経営者が全て責任をとってくれる訳ですから快適な会社生活を送れます。
しかしなかなかこれを自分の物として活用してくれません。
そこでどうすれば良いかが問われた質問です。

フィロソフィーを共有するには?

経営者が信頼される必要がある

自分が何かを人にやって頂きたいと思うときは、
まず自分が信頼されていることが前提条件として大事です。
信頼されているから人は自分に従いたいと思うでしょうし、
助けてあげたいと思うのです。

自分は得すると思えるかどうか?

誰でも自分がかわいいし、自分に取っていいか悪いかで考えますので
フィロソフィーを共有することが自分に取っていいか悪いかを相手に立場に立って説得することです。

誰しも人から指図されたくありませんし、自分に有利な行動をとりたいものです。
ですからそのことを実感して頂く働きかけが大事です。

展開内容

相手の立場に立って考える事が大事だとして
よく考えたら普段相手の立場に立って考えていないことに気づきました。
どうすればそうなれるでしょうか?

A:相手を好きになる努力をすれば相手の立場になれる。

B:行動は考え方の結果ですので、行動の背景を考える癖をつければ良い。















答え















答えはBです。
行動を観察しながらその背景の考え方を推測する事を習慣づけましょう。

今日から出来る実践

社員の行動を観察しながらその背景の考え方を推測してみましょう

今日の実践は行動から背景にある考え方を推測する実践です。
これは使えます。
「やります」といってもやらないのはやりたくないか?優先順位が低いのです。
人は自分が見たいように見ますし、したいようにしますので
行動を見ながら意思を推測すれば間違いはありません。
まずその一歩を踏み出しましょう


「経営者のあり方」の人気ランキング