ミッションを掲げる際の注意事項を教えてください

質問の内容と背景


稲盛さんがあげる企業統治の方法でミッションを掲げることはビジョンをさらに強めるためにも大事だ
とされています。今回はミッションに関してミッションを掲げる際の注意事項を問われた問題です。

ミッションをっかげる際の注意事項とは?

ミッションが企業統治に必要な理由とは?

ミッションは使命です。企業の存在意義や経営者の生まれてきた理由がこれに当たりますので
ミッションが明確になれば命を賭けて仕事に取り組めます。
従って何よりも強い力で推進力を示してくれます。
それを称して稲盛さんは「ビジョンを補強する」と表現されているのです。

ミッションを掲げる場合の注意事項とは?

ミッションに気づく局面は誰にでも特別なストーリーがあります。
大変な体験を通じてミッションを悟るのです。
ですからその体験も合わせてストーリーとして示してミッションの意義を充実させる必要があります。
つまりミッションとそれが生まれたストーリーはセットなのです。
それによりより納得性のある企業統治のツールになります。

展開内容

ミッションにはそれが生まれたストーリーが必要だ
ということですがそれはどのような物でしょうか?

A:一般には死にそうになったり、大変な危機的状況です。それが無ければなかなかミッションには気づけません。

B:そんなにたいそうな経験ではありません。本を読んだりふとした気づきで深く納得する経験です。















答え















答えはAです。
ミッションに気づける体験はチョットやソットのことではありません。
そうでなければ「これに命を賭けよう」とはなりません。

今日から出来る実践

あなたにとって生死に関わる体験からミッションを推測しましょう

ピンチはチャンスです。
特に生死に関わるような重大な問題は特に人生における重要な意味を含んでいます。
今日はあなたの人生を振り返り、生死に関わる体験を思い出しながら、それが教えてくれている意味を考えましょう。
経営者の場合であればその体験は自分が命を賭けて追求すべき事を示唆されているケースが多いので
その体験から学ぶ事を真剣に追求しましょう。

今日は自分の体験からの気づきを深める実践です。


「経営者のあり方」の人気ランキング