ビジョンを掲げる際に注意すべき事は何ですか?

質問の内容と背景


稲盛さんが言われる企業統治の方法には「ビジョンを掲げる」というのがあります。
素晴らしいビジョンが出来ればいいのでしょうがなかなかうまく作れません。
そこで稚拙なビジョンでも良いかを含めて注意事項を問われた問題です。
ビジョンに関しての考え方が問われた問題です。

企業統治に必要なビジョンについて考える

企業統治とビジョンについて

企業統治をする際に企業の将来像を「わくわくドキドキ感あふれるビジョンでしめす」
事は威力を発揮します。
社員の動機付けがバッチリと行われ、ベクトルもそろうからです。
そのような意味では最高ですがなかなか素晴らしいビジョンは作れません。
そこで今回の質問が起きるわけです。

ビジョンに関する注意事項とは?

魅力的なビジョンを作るのは難しいので、ある分野で一番になるとか
上場するとかでも結構です。
どう考えても無理だと思える場合は、努力を通して「出来そうだ」と思える行動をとる必要があります。
いずれにせよ「ウソはいけません」ので「こうなりたい」という状態を示してそれに向けて全力で進みましょう!

展開内容

できそうだと思える動きが必要な事が問われます。
そこで問題です。
どうすればその状態を作れるでしょうか?

A:経営者が自分の真心に聞いて「本当にやりたい状態」を描けば良い

B:社員の立場に立って「この程度だったら出来そう」だと思っていただける所を定めれば良い















答え














答えはAです。
経営者がどうしたいかが大事です。
真心に聴いて心が落ち着くところを目指せば良いのです。

今日から出来る実践

ビジョンを作ってみましょう

今日の実践はビジョンを作る実践です。
出来れば如何に商品で貢献するかを問題点をえぐり出してその解決方法が感動を呼べる形で
示しましょう。
そのためには実体をよく調べる必要があります。
実体をよく知りその解決方法を商品機能で行えるロジックを考えましょう。


「経営者のあり方」の人気ランキング