稲盛さんが言われている「企業統治の方法」を教えてください

質問の内容と背景


稲盛さんは経営の神様といわれておりましたが、企業統治に特に優れておられました。
その内容を知りたいとして重要な項目を問われた質問です。
ここでは稲盛さんが説かれる企業統治の方法での項目をお伝えして全体像をお示しします。

稲盛さんが説かれる企業統治の方法とは?

なぜ企業統治が必要か?

いくら優秀であっても経営者一人では大きな仕事は出来ません。
どうしても社員を雇用して力を発揮していただかなければいけません。
しかし社員が力を発揮できるには力を引き出すための方法が必要です。
今回はその内容をお伝えします。

稲盛さんが説かれる企業統治の要諦とは?

以下内容を列挙します。

1,従業員をパートナーにする。
2,従業員を自分に惚れさせる
3,仕事の意義を説く。
4,ビジョンを掲げる。
5,ミッションを確立する。
6、あらゆる事業で大義名分を確立する。
7,フィロソフィーを共有する。

展開内容

今回は全体論として7つの項目を挙げましたが全てに共通して流れるポイントが話題になりました。
それは何でしょうか?

A:社員を大事にすることが共通です。

B:社員が自信をつけて自立できるようにする事が大事です。















答え















答えはBです。
大事にすることは大事ですが、それだけでは力を発揮していただけるかどうかわかりません。
大事な事は力を発揮できる事ですので自立に向けた配慮が大事です。

今日から出来る実践

ここにあげた7項目についてあなたは出来ているかを検証してみてください

今日の実践は稲盛さんの企業統治の方法をチェックリストにしてあなたの経営をチェックしてみましょう。
実際にどのように行っているかを確かめながら、出来ているかどうかを○△×で示して評価してみましょう。
そしてわかったことを書き出して明日からの事業に生かしましょう!


「経営者のあり方」の人気ランキング