目標を描き実現する事を実行ならしめる際に注意すべき事は何ですか?

質問の内容と背景


求められるリーダーの資質の2番目が「目標を描き実現する」です。
ここではどのように目標を定めて、どのように実現させるかが問題になりました。
実際に目標を達成させることは至難の業です。
どうすれば確実に目標を達成させられるのでしょうか?

目標の立て方と実行のさせ方について?

目標のあり方について?

目標は意義在る目標で全員で共有する必要があります。
そのためにはリーダーは全員が納得できる数値目標を示して
それを各組織が納得するように配分してさらに各個人まで細分化する必要があります。
そしてそれを皆が納得して共有してなんとしても達成するぞという責任感を植え付ける必要があります。

目標の達成させ方について

せっかく立てた目標は必達です。
そのためにはまず各組織や各人が目標の意義を理解して「やりたい」と思って頂ける必要があります。
そのためには経営者の思いを社員一人一人に注入して意義と方法をしっかりと自分の事として認識して頂く必要があります。
エネルギーを移転できるかどうかがポイントですし、それを自分事に出来るかどうかが決め手になります。

展開内容

目標達成にはまず目標を個人にまで整合性を持って配分できることが大事だとなりました。
従来は組織ごとの目標は定めても、緻密に個人にまでは配分されていないからです。
どうすれば良いでしょうか?

A:過去の実績と本人の意思を確認しながら100%達成できる数値を作り込む。

B:リーダーが各人に作らせることが出来る数字を集計して目標値になる配分を作り込む。















答え















答えはBです。
数字はリーダーが作ります。
リーダーが各人にどれだけエネルギーを注入できてどれだけの数字を作らせられるかの設計が重要です。
その結果少しづつ一人一人が自信をつけて自立して自ら数値を作れるようになります。
しかし最初はあくまでリーダー一人の責任として数値を作り込む必要があります。

今日から出来る実践

リーダーが責任を持てる数値を各人にまで細分化させてみましょう

今日の実践は数値目標の細分化の実践です。
組織目標をメンバーで細分化させる場合にリーダーが各人に作り込ませる数値を集計して
全体目標になる数値を作り込みましょう。

この実践は個人に責任を持って達成させる第一歩です。
まずここから目標実現の一歩を踏み出しましょう!


「経営者のあり方」の人気ランキング