常に創造的な仕事が出来るにはどのような事を心がけたら良いでしょうか?

質問の内容と背景


「常に創造的な仕事をする」は経営の原点12箇条の10番目の法則です。
ここでは副題として「今日よりは明日、明日よりは明後日と、
常に改良改善を絶え間なく続ける。創意工夫を重ねる。と有りますが
その際の心がけとしてどのようにすればそれが出来るかを聞かれた問題です。

絶え間なく創意工夫が出来るためにはどうすればよいか?

この難しさとは?

言うは易し、行うは難しです。
絶え間なく創意工夫をすれば良いと言葉では言えても実際これを行うとすれば
どのようにして動機付けを維持できるか?
創意工夫をし続けられるか?
など難しい問題が横たわっています。
なぜなら人間は飽きやすいし、持続することは至難の業だからです。

地味な努力が積み重ねられるにはどうすれば良いか?

地味な努力を飽きずに続けられるには工夫が必要です。
楽しさを見いだせるかが大事です。
人は楽しければ続けられますので、地味な努力のなかに楽しさを見いだす工夫が必要です。
これは差異化といって少しでも変化を加えてその成果を実感出来る様に工夫しましょう。
そうしますと一見地味な仕事であってもその変化と成果に楽しさを見いだすことが可能です。
そうすれば続けることが可能になり増す。

展開内容

常に地味な創意工夫を積み重ねなければいけないということで
やってみようとなりましたが、何からはじめればやりやすいでしょうか?

A:毎日やることに照準を合わせて少しの工夫を試みて絶え間なく工夫し続ければ良い

B:楽しいと思えることが大事なので好きな事を選べば良い















答え















答えはAです。
毎日やらざるを得ないことが大事ですので
日々やることを楽しく出来る様に工夫しましょう!

今日から出来る実践

日々行っていることをン以下選んで毎日創意工夫をし始めましょう

今日の実践は創意工夫の実践です。
毎日行っている事を何か選び出して、創意工夫をはじめましょう。
楽しいと思えることが大事ですので、僅差の変化や成長を感じましょう。
その感じる心が新鮮であえば続けることが可能です。
頑張ってください!


「経営者のあり方」の人気ランキング