なぜ経営には強い意志が必要なのですか?

質問の内容と背景


稲盛さんは「経営は経営者の「強い意思で決まる」といわれています。
意思が大事だというわけですが、何がどう必要なのかを問われた問題です。
今回は経営と医師の関係を考えます。

経営にはなぜ強い意志が必要か?

経営と意思との関係性とは?

経営は全責任を負う経営者が「こうしたい」という状況を組織で役割分担された形で
全ての社員がその状態を目指します。
その目指すべき状態はそもそも経営者の意思ですし、組織がその状態を達成できるために
社員を鼓舞しながらその状態を達成させるのも経営者の意思です。

稲盛さんはなぜ強い意志が必要だと言われたのですか?

稲盛さんは株式上場して株主との約束で決めた目標を達成しなければいけない境遇になられたときに
「これはなんとしても達成出来なければいけないので、強い意志が必要」
だと思われました。
なかには「景気が悪かったので達成できませんでした」
という経営者もおられますがそうであってはいけないと思われてこう言われたのです。

展開内容

目標を達成するには強い意思が必要だというのですが、
どうすれば確実に目標が達成できるでしょうか?

A:目標は必達でもし達成できなければ厳しいペナルテイーが課される環境を作れば良い

B:日々の積み重ねです。毎日目標をやりきらせて週次で数字を合わさせて月次で確実に達成できている状態を作れば良い















答え















答えはBです。
ペナルテイーで恐れを行動原理にさせるのは誤りです。
恐れからは力がわきません。
大事な事は潜在意識を味方につけて、確実に出来るまで諦めない状態を作る事です。

今日から出来る実践

今日決めた行動予定をやりきってください

今日はやるべき事をやりきる実践です。
大事な事は日々決めたことをやりきる事ですので
やりきるまで帰らないぞ!
と厳しく自己を律しましょう!


「経営者のあり方」の人気ランキング