社長は会社の全責任を負いますが負えるためには何を作れば良いですか?

質問の内容と背景


社長が会社の全責任を負うことはわかりますが、どうすればそうばれるかは難しい問題です。
ここではそれが問われました。
経営者は芸術家です。社会に新たな事業を行う組織を作るわけですから。
ここではその組織で作るべき対象を論じます。

社長が作るべきモノとは?

仕組み

まず第一に考えるべきは仕組みです。
経営者は「仕組みに委ねて結果を出す」人ですが、結果が出る仕組みを作るのが経営者の仕事です。
仕組みはそのルールが「こうしたい」と動機づけられる形になっていなければいけません。
人を経営者が「こうして欲しい」というところに導かれる形が求められます。

人(人材)

管理者は「人に委ねて結果を出す」人です。
経営者が作った仕組みを活用しながら、組織に割り当てられた役割を発揮して結果を出せる人を育成します。
「企業は人なり」です。
如何に優秀な人材を育てられるかが企業力に通じます。

社風

これは先日ご説明した最重要項目です。
社風は仕組みと人材により作り込まれます。
その元は経営者の考え方ですし、その醸成された結果です。
いい社風が経営者が作るべき作品ですので、心して社風を作り込みましょう!

展開内容

作るべきモノは仕組みと人と社風(意識)だとわかりその関連性を考えられました。
一言で言うと何でしょうか?

A:仕組みと人が意識を作るので原因が仕組みと人で結果が意識と言える

B:原因と結果の関係が逆で意識が原因で結果が仕組みと人である。















答え















答えはAです。社長の意識が原因で結果としての仕組み人そして社風を作ります。
全ては社長の意識です。自らの考え方や意識に責任を持ちましょう!

今日から出来る実践

管理職が育っておれば会社の実力が高いのですが
育っていなければ何から何まで社長が出張らなければいけません。
今日は仕組みのできとその結果としての管理職の育成状状況を反省してみましょう。
そしてどのようナ仕組みを作れば管理職がどのように育つかを推測してみましょう。


「経営者のあり方」の人気ランキング