課長に自らの責任範囲を管理させるための要諦は何ですか?

質問の内容と背景


この質問は課長がなかなか自分の責任を果たしてくれない現実を変えるために
どうしたらよいかを問われた問題です。
ここでは自らの責任を100%達成して頂けるにはどうしたらよいかを考えます。

課長が自らの責任を100%達成させてくれるにはどうしたらよいか?

責任を全うできない理由とは?

人の行動は無意識です。つまり無意識の目標に支配されて行動が行われています。
ですから無意識の行動が現在作っている結果です。
ということは目標が達成できないということは「目標を達成しないぞ」
「目標は達成できない」とおもっているからです。
これを変えて頂かなければとても達成は出来ません。

どうすれば達成できるようになるか?

無意識の目標は幼少期の思い込みが主要な分野を締めています。
それを変える必要があります。
大体において失敗体験から傷ついて傷つかないための目標が主ですので
それをなんとかする必要があります。
そのためには小さな成功体験を積み重ねながら「決めたことは出来る」
という無意識の目標にすり替える必要があります。

稲盛さんは毎日「決めたことは決めたとおりにやる」
ように組織をあげて全員で協力して出来る体制を作る事を
推奨されています。
確かに毎日「出来た。出来た。」と成功体験を積み重ねて行けばそれが自分の実体になり社風になります。
それを作る事が大事です。

出来る様になるための注意事項とは?

毎日「出来た。出来た。」という状態を作るには無意識の行動を習慣化して
無意識に「出来るまで諦めない」状態を作る必要があります。
そうなるには伴走をしながら日々の行動を観察しながら声をかけながら確実に達成して頂く事を
確実にする必要があります。
そのためには愛情をもって「なんとしても良くなって欲しい」と願いながら
弱い心に負けないように伴走する必要があります。

展開内容

決めたことを決めたとおりに出来る様にするためには無意識の目標を変えなければいけない
ということがわかりました。それを変えるには習慣を変えるしかないのですがそれは
根気も時間もかかります。
それを一瞬で変える方法はあるでしょうか?

A:そんなに都合が問い方法はない。地道に習慣を変える行動をとるしかない。

B:実はあります。催眠状態(覚醒状態)になれば自由かつ冷静にやろうとしたことが出来る様になります。















答え















答え
答えはBです。
なんと催眠状態になれば素晴らしい力を発揮できるようになります。
それを追求されている方は通常生活しているときに常に催眠状態になれるように
訓練する必要があると言われています。
ちなみにその催眠状態のニュアンスは「運動をして覚醒している状態」
「心が落ち着いて安らぎの状態」「マントラを唱えて心が精妙になっている状態」だそうです。
すごいことですね!
確かめて見る事は意味がありますね!

今日から出来る実践

課長を伴走して目標を達成させるまで見守りましょう

今日の実践は見守りの実践です。
ある目標を達成させるためにスタートからゴールまで考え方や行動計画を確認し
日々の活動と途中経過を報告して頂きながら確実に達成できるまで伴走しながら見守りましょう。
大事な事は放任せずに、本人の意思で達成できるまで粘り強く行動し結果をたぐり寄せさせることです。
根気強さと愛情が求められますが育成の基本ですので頑張りましょう。


「経営者のあり方」の人気ランキング