ジャンプルーキーについて教えてください

質問の内容と背景


ジャンプルーキーは漫画家を育てる企画だと聞き興味を持たれた方から質問を受けました。
どのような仕組みで誰にどのよなメリットがあるかについてビジネスモデルと合わせて聞かれた質問です。
囲い込みの一つの戦略として使いでがありますので参考にしてください

ジャンプルーキーのビジネスモデルとは?

内容とは?

ジャンプルーキーは少年ジャンプの集英社が漫画家のたまごの育成のために作った仕組みです。
漫画家は通常では連載がもらえるまでは生活に困りますのでなかなかプロになれる機会が得られません。
そこでシンプルで簡単な仕組みを作りました。
①漫画家たちがアプリに漫画を投稿する
②読者は全作品を無料で見れる
③読み終わったら広告が掲載される
④広告収入が漫画家に支払われる

つまり漫画家のたまごが収入を得られる道が得られるのです。

主催者側とすれば広告費はすべて漫画家に払われますが、将来の作家を確保するインキュベーション機能が得られるのです。

何がすごいか?

少年ジャンプは息の長い漫画ですが、常に良質の作家を発掘できる仕組みを持っていなければいけません。
その点ジャンプルーキーはタダで囲い込みができて、本当に実力がある作家を時間をかけて発掘できますので
価値があります。
良い点は時間をかけてじっくりと選べますので間違いがない点です。

最近では就職でもインターンシップのよう制度があり
お互いを知った上で就職する仕組みがありますがこれはその漫画版と位置付けることができるでしょう!

展開内容

漫画家の発掘においてこの仕組みの何が素晴らしいでしょうか?

A:収入が得られるのであきらめて断念する可能性が減る

B:その作家の良しあしを読者がつくかどうかで判断できるので本当に売れる作家を発掘できる















答え















答えはBです。
確かに大きな目で見ると、業界から去る可能性は減りますが、良い人は頑張りますし
何よりも読者がつくかどうかがリアルでわかりますのでそれが素晴らしいです。

今日からできる実践

新人発掘の仕組みを考えてみてください

今日の実践は新人発掘の仕組みを考えることです。
新人発掘を囲い込みながら仕事を一緒にしながら間違いのない選択をできることは重要です。
今日は何らかの形で一緒に仕事をしながら社風に合っておりお互いに納得できる採用ができる仕組みを考えましょう。
これがうまく回ることが会社が永続するには大事ですので、しっかりと考えましょう。


「ビジネスモデル」の人気ランキング