アンドビズのビジネスモデルを教えてください

質問の内容と背景


アンドビズは日本M&Aセンターの子会社であり、莫大にあるM&Aのニーズに対して
価格がおりあわず高い仲介料を払えない中小企業を対象にマッチングサイトで簡易なM&Aを提案したものです。
質問は最近のM&Aの背景とアンドビズのビジネスモデルを聞かれたものです。

アンドビズのビジネスモデルとは?

対象とするニーズとは?

M&Aのニーズは莫大です。
国内企業の66.1%が後継者不足であり、売り上げ1億円未満の会社では約78%の会社が後継者がおらず
廃業を検討しています。そのはけ口としてM&A市場が活況を呈していますが、仲介料が高いことから
中小企業には手が出ないのが現状です。そこでネットでマッチングをすることでコストを下げるとともに
アドバイスが必要な場合は、M&Aエクスパートに依頼すればよいという仕組みを作って安価なM&A対応を図りました。

M&Aで注意すべき点とは?

M&Aは企業同士のいわば結婚です。
人間の結婚では相性や家庭のつり合いが求められますが、企業においては文化の同質化が求められます。
同じような文化の企業同士でなければ、なかなかうまう行きません。
それは社長同士が十分話し合い社員が幸せになれるかどうかを見極めてからの話し合いになります。
またシステム統合が重要です。

このようにM&Aを進めていくには条件のみならず目に見えない質の部分の検討も重要です。

展開内容

M&Aをしなくとも済むには後継者が育っている必要があります。
そのためには何が大事でしょうか?

A:後継者教育を時間をかけて行う

B:子会社などで経営経験を積ませて適性を見る















答え











答えはBです。
経営はセンスが重要ですので経験をさせながら適性を見て人材を発掘していくことが必要です。

今日からできる実践

後継者人材を探しましょう

貴社には後継者人材はいますか?
今日の実践は後継者人材を見つける実践です。
幹部を見回して後継者になれそうな人材を見出して、伴走しながら経営者としての感覚を
身に着けていただくトレーニングを開始しましょう。
後継者人材を育成すること経営者の最大の仕事だともいわれます。
今日からその準備に取り掛かりましょう!


「ビジネスモデル」の人気ランキング