Transfer Wiseについて説明してください

質問の内容と背景


海外送金をしたことがある人であれば多手数料の異常な高さを記憶されていると思います。
なんとこのサービスは手数料を八分の一にしたサービスです。
なぜそんなことが実現できたかに疑問を持たれた方からの質問です。

Transfer Wiseの仕組みについて

なぜ安値が実現できたか?

通常の海外送金は外国の相手口座に振り込む形をとりますので高い手数料がっかります。
しかしこのサービスでは同じ国通しの取引にして海外取引は同じ人の海外口座との同額の為替交換だけにして
2度の取引+為替換算として行うために安い手数料が実現できました。

ポイントは世界各国のすべての銀行口座を開設したことです。
それにより手数料が高い海外との取引が同じ人の口座の換算だけになりますので手数料が下がるわけです。

何がすごいか?

自分の口座内での換算であれば為替相場の仲値で行えるところに目をつけて
なんと世界各国の銀行すべてと口座を開いたことです。
莫大な手間をものともせず実行したことで手数料の八分の一を実現させたのです。

展開内容

なんとこのサービスは学費の仕送りなどの市場ではもてはやされており毎月20億ポンド以上の取引が行われているそうです。
そこで問題です。なぜこのようなサービスを思いつかれたのでしょうか?

A:イギリスでポンドで給料をもらいエストニアの住宅ローンを返済するために送金しており手数料の高さから思いついた。

B:知り合いが海外送金での苦労話をしているのを聞いて商売の可能性を感じて調べて気づいた。



















答え















答えはAです。
自分での痛みが無ければなかなか商売を思いつけません。
この例は実際の自分の痛みから思いつきました。

今日からできる実践

痛みから商売を類推しましょう

必要は発明の母です。
今日はご自分で不都合や痛みを感じている事柄をそのままにするのではなく
「何とかして解決できないか?」と疑問を持って取り組み新たな商売を考えてみましょう。
必要は発明の母です。痛みを大事にして形にするよう努力してみましょう。


「ビジネスモデル」の人気ランキング