paymo(以下ペイモ)の内容を教えてください

質問の内容と背景


割り勘を専用アプリで簡単に行えると聞いて質問された問題です。
割り勘は面倒ですのでそれがスマホでお金の移動を伴わずに簡単に出来たらよいねということで
内容を知りたいとなりました。
ちょっとしたアイデアですがいろいろと面倒な法律上の問題をクリアーしています。
今回はその内容をお伝えします。

ペイモのビジネスモデルとは?

ペイモでの割り勘の方法とは?

ペイモは割り勘に限ったアプリですが、使い勝手の良さが評価されています。
通常は個人間で送金する場合は本人確認が必要で手間かかるために敬遠されがちでした。
しかしペイモではコンビニで公共料金の支払い代行ができるのと同じ仕組みで収納代行という機能を使って
参加者がweb上で支払い可能になります。

まず幹事が支払いをしてその領収書の写真をペイモに載せてそれに対して参加者があらかじめ登録していたクレジットカードで
支払いして終わりです。

それにより従来は銀行振り込みか現金で行われていた割り勘がアプリを通じて簡単に行えるようになります。

何がすごいか?

割り勘といえどもお金が絡んでおり金融の一種ですので面倒な法律がたくさんあって
一筋縄ではいきません。
それをペイモは割り勘という限定的な用途に限って手間いらずの仕組みを作りました。
誰もが分かって簡単に使える分野で革新を起こしたことが素晴らしいのです。

展開内容

ペイモの登場で便利になったことは何でしょうか?

A:お金の移動をせずに関係者間で簡単に割り勘ができることがすごい。

B:割り勘という限られた用途に特化してビジネスとして成り立つ仕組みを生み出したことがすごい。















答え















答えはBです。
ビジネスはなんでもそうですが、限られた狭い分野でペイできる領域をもつけるのが一番難しいですが
ここでは割り勘に市場があることを見つけて形にしたことがすごいです。

今日からできる実践

割り勘のような小さな作業でアプリにしたら市場ができそうなサービスを探してみましょう

今日はビジネスマインドの訓練の実践です。
割り勘がうまくいったように、ちょっとしたサービスを切り出してアプリを作ることでうまくいくいくものを探してみましょう。
そのために「困りごと」を探しながら「こんなのあったらいいな」を探してみましょう。
頭の訓練になりますので楽しんで身の回りを見回してみましょう。


「ビジネスモデル」の人気ランキング