MUDジーンズの発想から何が考えられますか?

質問の内容と背景

MUDジーンズはオランダの会社で、ジーンズを買うものから借りるものに考え方を変えさせた会社です。
今回はその会社のビジネスモデルからどのような横展開ができるかを問われた質問です。

MUDジーンズの横展開を考える

MUDジーンズのビジネスモデルとは?

オランダではジーンズは世界平均が一人一本なのに対して5本持参しているというジーンズ大国です。
ジーンズを一本生産するのにコットンの生産から製品にするまでにおよそ8000リットルの水が必要です。
その一方ではかなくなるジーンズも多くありますのでもったいない!

そこで使われないジーンズのために大量の水を使うことはナンセンスだと考えて「買うものから借りるもの」
に変更しようとなりました。

契約はリース契約として、契約期間を1年とします。1年たった時に、A別のものを借りる、B返却して割引券をもらう
C買い取るのいずれかを選びます。それにより循環型の生産体制を作りなんと水の消費量を78%も削減しました。

横展開とは?

考えられるモデルは2つあります。

1、循環型ビジネス:これは再生産が必要なもので用いられます。循環型漁業は北欧ではだいせいこうしています。
魚を捕る期間や数量を規制することで資源を維持拡大させてなんと漁師の平均年収が4000万円とか?
人気の職業になりました。

2、買う文化から借りる文化へ:これは最近のファッション業界では一つのトレンドになりました。
買わずに借りることで多くの洋服を楽しめます。またこれは自動車でも最近盛んになっています。
今後飽きが来る商品では大いに盛んに活用されるでしょう。

展開内容

循環型のビジネスモデルは社会環境に優しいので、有限の資源を大量消費する分野では大いに有効だ
となりました。そこで問題です。資源に優しいといった場合にどの分野に着目したらよいでしょうか?

A:地球温暖化がテーマでしょう!

B:賞味期限切れの無駄をなくすことでしょう!















答え
















答えはBです。
確かに地球温暖化対策は重要ですが地球環境を考えた場合は日本は大した影響力はなく
そこでじたばたしても地球規模では大したことはありません。しかし今後食糧難が見込める中で
食品の廃棄の多さはコンビニの普及に伴い日本は大量に無駄を出しています。
その意味ではこちらを対策したほうが良いでしょう。

今日からできる実践

循環型利用ができるものを考えて導入してみましょう

今日の実践は循環型消費の実践です。
貴社の関係している物資で循環型消費が可能なものを探し出して、循環型を導入してみましょう。


「ビジネスモデル」の人気ランキング