サカナバッカの特殊性はなんですか?

質問の内容と背景


魚の流通は複雑ですが、その仕組みにメスを入れたのがサカナバッカです。
今回はその仕組みにおける特殊性を問われた質問です。
特にビジネスモデルを考える場合に重要な「業界の構造上の問題点」をどうとらえて
どう変革したかを説明します。

サカナバッカの特殊性とは?

魚の流通構造における問題点とは?

魚の流通機構は複雑です。産地の市場と消費地の市場がありその間を
複雑な卸売り機構が介在しています。
魚の流通では有名な魚は値段が付くために一般に流通しますが、有名ではない魚はいくらおいしくとも
なかなか市場に出回りません。
ですからせっかくのおいしい魚が日の目を見ない構造になっています。

サカナバッカの変革とは?

流通に関しては、産地の市場から直接仕入れて一般に流通している有名な魚以外の魚も仕入れて
それらに日の目を当てたことです。流通機構を単純化させてITを駆使して魚の販売店にも販売する道を作りました。

またファッション性に疎い魚の売り場をおしゃれな空間にして若い女性の主婦が買いやすい空間を作ったことも売り方の
革命としてあげることができるでしょう。

つまり日の目が当たらない魚に日の目を浴びさせたことや購入者の感覚にマッチした売り場を作ることで
魚離れにメスを入れました。

展開内容

知られていないために価値がないものに価値を与えたことが新しいわけですが
実際にどのようにすれば知られる存在になるでしょうか?

A:加工品として使えばグロテスクな深海魚も味で勝負できる

B:お店で試食販売をしたり動画でそれらの魚をスターにする試みをしていけば少しづつでも浸透していく















答え















こたえはBです。
そもそもおいしいわけですから体験して知れば抵抗がなくなっていきます。
産地では地場の魚としてかえって価値が高いわけですから産地での価値を市場に持ちこむ
マーケテイング上の工夫をすればいいのです。

今日からできる実践

知られていないために価値が低いものを選び出して知らせる工夫をしてみましょう

今日の実践は知らせる実践です。
人は恐れから新たなものにはなかなか手を出しません。
そのようなものが貴社の商品ではないかどうかを調べてみて、それに日の目を見させる実践をしてみましょう。

本当の素晴らしさを考えてそれをどのように伝えるかを考えてエッジのきいた広告を作ってみましょう


「ビジネスモデル」の人気ランキング