田んぼアートの素晴らしさは何ですか?

質問の内容と背景

田舎館村で成功した町おこしのモデルです。
なんの変哲もない過疎の農村でしたが、田んぼをアートにして人が見に来たくなる光景を作ることに成功しました。
そして観光客の誘致とお米の売り上げ増につながり、町おこしに成功しました。
ここでは何が成功要因だったかを問われた問題です。


田舎館村の変革とは?

逆転の発想

何の変哲もない農村で町おこしをするとすれば一般には特に名産品や名所がありわけではないので
諦めてしまうものです。
しかし何もないなら、唯一の村の資源である田んぼをアートにしてお米は「食べるものではなく見るもの」
と発想を変えて田んぼに価値を作り出そうとした発想が素晴らしいです。

ないものづくしが逆転の発想を呼んだといえるでしょう。

なぜ成功したか?

この成功には農家だけでなく村民全員が協力した点があげられます。
何もない危機意識がそうさせました。
全員が一丸となってベクトルを合わせて田んぼアートでの観光地化に協力したのが勝因です。

一般にベクトルを合わせるには危機意識が必要ですが、何もないところがその意識を醸成して
抜け駆けする人を作らず一致団結できたから成功できたのです。

展開内容

危機意識が大事だということになりましたが、危機意識を醸成させるにはどうしたらよいでしょうか?

A:リスクを上げてリスクが顕在した時の損害をイメージさせればよい。

B:なりたい状態を明確に定めてそれと今とのギャップを意識させればよい。















答え















答えはBです。
なぜならリスクは恐れを受け入れられれば良いですが
逆に恐れがちじこまり現象を引き起こしてしまう可能性もあります。
一方願望のほうは悪さをしませんのでこちらのほうが安全です。

今日からできる実践

致命傷になりうるリスクを洗い出してみましょう

今日の実践は致命傷になりうるリスクの洗い出しです。
実はどの業界にもリスクはつきものですが、特に危険なリスクも存在します。
今日はそれを洗い出して受け入れて対策を練る実践です。

致命傷になりうる仕事には近づかないのが正解ですが、やらなければいけない場合は
リスクヘッジを十分に行いましょう!


「ビジネスモデル」の人気ランキング