Spaciousのビジネスモデルを教えてください

質問の内容と背景

アメリカで展開されているビジネスモデルです。
ハイエンドの飲食店で営業時間外をコワーキングスペースに使うビジネスをマッチングする会社です。
ハイエンドの飲食店は昼食ではもうからないので夜だけで商売をしています。
しかしその間も地代を払わなければいけないので、シェアリングエコノミーとすればおいしそうな臭いがするということで、
どのようなキャッシュポイントでモデルが成立しているかを問われた質問です。


Spaciousのビジネスモデルとは?

関係者とそのメリットとは?

1、場所貸しをするハイエンドの飲食店:この人たちは夜だけの営業のために高い家賃を払って無駄な固定費を使っています。
それを少しでも回収したいニーズに対して、コワーキングスペースを利用したい人たちを囲い込んでいるSpeciousから家賃以上の
収入を得ることができて貸すメリットがある。またその人たちが顧客になる可能性もあります。

2、SOHOのワーク者は従来であれば自前でレンタルスペースを借りていましたが、Speciousが契約している高級の空間を
Wi-Fiやドリンクバーのサービスが充実している空間を使う時だけの利用料金で自前で借りるよりはずっと安く借りられることで
メリットがあります。

モデル成立の要件とは?

ワーキング者をどれだけ囲い込めて、空間利用率を上げることができる空き情報と
借りる予約や決済のシステムをうまく作れるかどうかがポイントです。
飲食店側や利用者側はどちらも明確なメリットがありますので、その人たちが心地よくこのサービスを利用できる
インフラをどう構築するかがビジネス成立のポイントになるでしょう。

展開内容

このモデルは小刻みな時間をうまく利用できるインフラとして
いわば店舗のワーカーの人繰りシステムに近いものがあります。
何に気を付けたらよいでしょうか?

A:スマホで簡単に空き情報に対する予約ができて決済までできる仕組みが必要です。

B:合席にならないような仕組みが必要です。















答え















答えはAです。

合席情報も大事ですが
それよりも簡単に予約できる手ごろさが大事です。

今日からできる実践

手軽にストレスフリーにすべき業務ポイントを探してみましょう

今日の実践はストレスフリーの仕組みを入れるべきことを探して業務改善することです。
自社の仕事で顧客がどのようなプロセスでどのような意識で行っているかを調べて
楽にさせてあげられるところを探し出して改善してみましょう!


「ビジネスモデル」の人気ランキング