ビジネスモデルは簡単にできるものでしょうか?

質問の内容と背景


私はどの社長にも独自のビジネスモデルを作って頂いております。
当たり前のようにいっておりますので、普通は「そう簡単にはビジネスモデルは作れない」
というのが常識?ですので違和感を感じられた経営者からの質問です。

なぜ誰でも出来るのか?どのような視点で、どのように作るのか?が問われた問題です。

ビジネスモデルの簡単な作り方とは?

ビジネスモデルの意義とは?

ビジネスモデルは企業と経営環境との安定的な循環の型のことをいいます。
ビジネスは社会の困りごとを解決する商品を開発して安定供給することで
社会の問題解決に経済活動を通じて寄与します。
ここえ起こる循環の型がビジネスモデルです。

企業は各社独自の領域で独自の事業・商品を作り供給します。
その型は各社違いますのでその際の各社の型がここでの問題です。

なぜ簡単にできるのか?

私の作るビジネスモデルはエニアグラムを活用しており本番号とウイングを意識して
18パターンのモデルを考えています。同じ様なビジネスであっても価値の作り方で18パターン
有りますがその違いはどのビジネスでもサービスで違いを用意することで明確なモデルの違いを容易に作れます。
それが簡単にできるというゆえんです。

どのような点に着目するか?

ビジネスモデルを作る場合に当然着目するポイントがあります。
ここではそれを列挙します。

1,エニアグラム
2,進んでいる業界、国を真似する
3,活用されていない資源を有効活用する
4,生かされていない能力を別の分野に活用する
5,時代遅れになったあり方を今に軌道修正する
6誰もが嫌がる事を機械や器具を活用して嫌でなくする
7,差別化を徹底する 等です

ビジネスモデルを作る際は安定的な循環が必要ですので経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報)
が安定的に調達可能でなければいけませんので、そのための工夫が必要ですし、
マーケテイング、外圧、内圧を組織に組み込むことが大事です。

それらの意識すべき項目を押さえれば誰でも簡単に作れます。

展開内容

ビジネスモデルを自分も作れるとは夢にも思っておられなかったその経営者は
ひょっとして自分も作れそうだと思われました。
そして自らもチャレンジする気になりました。
そこで問題です。進んでいる業界や国と遅れている状態とはどのようにして判断すれば良いでしょうか?

A:標準化、管理可能性、予測可能性などの条件が満たされているかどうかで判断する

B:ライフサイクルに適応して成長期か成熟期か衰退期かで判断する















答え















答えはAです。
ライフサイクルは業態や商品それぞれで他の影響をあまり受けずに存在します。
ですから真似すべきヒントはあまり受けられません。
そうではなくて規制がなかったり競争の激化で洗練されている業界や国では
標準化や管理可能性、予測可能性などが進んでいますのでそのあり方を参考にさせていただけると良いのです。

今日から出来る実践

品質管理水準が高く管理可能な業界の常識を調べて検討しましょう

今日の実践は他業界の調査です。
品質管理水準が高くて管理可能性、予測可能性が高い業界(危険性が高い業界)の常識を調べて
自社が属している業界の常識と比較してみましょう。
そして活用可能な考え方や管理方法は活用させて頂きましょう。


「ビジネスモデル」の人気ランキング