一流経営者とは

一流経営者とは

一流の経営者とは、関わる人すべてを幸せにできる人です。
会社は社会貢献、顧客貢献、社員貢献ができる社会的公器です。
普通の経営者は誰かを犠牲にして会社を栄えさせますが、一流の経営者は、自社の存在意義や活動領域を明確に定義し、その選んだ分野で、顧客、取引先、社員をすべて幸せにしていきます。

年商1億〜2億からが、一流の経営者、一流経営を目指す最適な時期です。
一般には規模が小さい内は生き残るために何でもします。そしてその反動として恨みをかって裏切られたり、反感をかったりして倒産の危機を味わいます。
そして反省して周りに対しての配慮や気配りが出来る様になります。
しかしわざわざ遠回りする必要はありません。

最初に意義ある社会貢献出来る事業を構築して関係者すべてに貢献出来る関係性を作り上げることで早くしかも着実に素晴らしい会社を作ることが可能になります。


→合わせてご覧ください。
「年商1億の社長が2〜3億になる確実な方法」

ビジネスモデルを作る最適な規模

事業を拡大していくためには、何よりも初めにビジネスモデルを作ることが大切です。
会社の規模が年商1億円〜2億円の時がその最適な段階となります。

ここで社長が自分の人生のすべてを賭けるビジネスモデルを構築し、単品の掛け算構造(単純業務の積み重ねにより人が育つ構造)を作り上げなければ、その後の事業の拡大はあり得ません。

もしこれ以上大きな規模で、しかも多くの事業を手掛けている会社だと、単品の柱を作るために、他の事業を削っていく作業が必要となります。
誰でも感じることですが、自分が作ったものは愛着を感じます。そのためもしそれが将来のあしかせになるとわかったとしても
なかなかそれをやめたり捨てることが出来ません。ですからその苦痛を味わう前に早い段階で絞り込むことが成長の最短距離になるのです。

社長一人が変われば、会社が変われる規模

これはスポーツや音楽の世界で言われていることですが、正しくない癖をつけてしまうと、それを直してからでなければ、成長できません。
そのため、成長にはまず、癖を取る作業を何年もかけて、行う必要があります。

癖がつく前、つまり社長一人が変われば会社が変われる規模の、年商1億円~2億円のときが、ビジネスモデルを作り一流経営を目指すには最適なときと言えます。
中小企業の成長にための順序やセオリーを教えてくれる機関はほとんどありません。
ですから皆様試行錯誤で遠回りをしながら変な癖をつけてその癖に引っ張られる形ですくすくと成長する流れを切断されてしまっています。

そうならないように最短距離で成長できるように成長の順序を押えながら着実に成長して頂く事がここでのねらいです。


お電話でのお問い合せはこちら
(受付時間 10:00〜17:00)

03-5291-5661