一流の経営者とは、関わる人すべてを幸せにできる人です。会社は社会貢献、顧客貢献、社員貢献ができる社会的公器です。自社の存在意義や活動領域を明確に定義し、その選んだ分野で顧客、取引先、社員をすべて幸せにする経営を目指します。

一流経営者とは

  • 年商1億〜2億から一流経営を目指す理由

    一流の経営者とは、関わる人すべてを幸せにできる人です。 会社は社会貢献、顧客貢献、社員貢献ができる社会的公器です。 普通の経営者は誰かを犠牲にして会社を栄えさせますが、一流の経営...

  • 年商1億〜2億円規模の会社の経営課題

    年商1億〜2億円から拡大・成長していこうとする場合、課題は、ビジネスモデルの構築です。 理想の経営の第一歩は、社長一人ですべての業務、管理に目の届く段階でビジネスモデルを作ることで...

  • 年商1億〜2億から上場を視野に

    社長の数だけ上場企業が出来上がる カクシンの経営コンサルタント長山は、経営コンサルタントを志していた頃、監査法人に入って上場支援を行い、実際に6社上場させてきました。 一般的には上...